なごやの文化財

銅造大日如来坐像(総本尊)

新規ウィンドウで見る

銅造大日如来坐像(総本尊)
地域
昭和区
時代
江戸時代前期
文化財の種類
彫刻
ゆかりのある人物

尾張徳川家

所在地
〒466-0825
昭和区八事本町78番地
最寄駅

八事日赤駅

行き方

地下鉄名城線「八事日赤」駅から徒歩7分

観覧料
休館日
見学
常時
市指定年月日
平成22.4.23
所有者・管理者
興正寺

愛知県下でも貴重な10世紀制作の仏像。

尾張三大仏の一つ。
八事興正寺の総本尊・銅造大日如来像は、その造像の由緒・経緯、規模と鋳造技術、像容の面において、施主の徳川光友や天瑞円照、および作者尾張鋳物師の活動内容や思想信仰、美意識や造形力を知る上で欠かせない当地域の貴重な歴史的、文化的、芸術的基礎資料である。江戸時代前期銅造大仏中の優品というべきものである。

所在地
〒466-0825 昭和区八事本町78番地
最寄駅

八事日赤駅

行き方

地下鉄名城線「八事日赤」駅から徒歩7分