なごやの文化財

桜田貝塚出土魚形土器

新規ウィンドウで見る

桜田貝塚出土魚形土器
地域
瑞穂区
時代
弥生時代【弥生時代後期】
文化財の種類
考古資料
所在地
〒467-0806
瑞穂区瑞穂通1丁目27番1号名古屋市博物館(寄託)
最寄駅

桜山駅

行き方

地下鉄桜通線「桜山」駅から徒歩7分

観覧料
大人300円
大学・高校生200円
中学生以下無料
休館日
月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)
見学
市指定年月日
昭和48.10.15
所有者・管理者
個人像

日本では2例のみの魚形土器。

大正7年(1920)5月南区貝塚町の八幡神社前にある桜田貝塚から多数の土器が出土したが、この魚形土器は、その中の一つである。弥生時代後期の台付長頸壺の胴の部分を魚形に作り、目と口は陰刻して表し、背鰭には粘土を貼り付けており、口縁部の一部と脚台部、尾鰭を欠いているが、わが国では例を見ない稀有なものである。

所在地
〒467-0806 瑞穂区瑞穂通1丁目27番1号名古屋市博物館(寄託)
最寄駅

桜山駅

行き方

地下鉄桜通線「桜山」駅から徒歩7分