なごやの文化財

荒子西屋敷馬標及馬道具

新規ウィンドウで見る

荒子西屋敷馬標及馬道具
地域
瑞穂区
時代
江戸時代後期
文化財の種類
有形
所在地
〒467-0806
瑞穂区瑞穂通一丁目27-1名古屋市博物館
最寄駅

桜山駅

行き方

地下鉄桜通線「桜山」駅から徒歩7分

観覧料
休館日
見学
×
市指定年月日
昭48.10.15
所有者・管理者
名古屋市

金糸で作られた龍の飾り

尾張から三河、美濃一帯には古くから「馬の塔」といわれる祭礼行事が行われていた。これは、村の祭りや遷宮祭などの折に、馬上に標具を据えて馬を飾り、神社や寺へ献馬する行事である。この馬標及び馬具は「源海雑記」にも記述されているとおり、荒子観音の例祭に出た飾り十二頭のうちの一つである。馬標・馬具は、形式的に同種のものであっても、名称や個々の飾りについて違いがある。荒子地区のものは、金糸でつくられた龍の飾りが豪華である。

所在地
〒467-0806 瑞穂区瑞穂通一丁目27-1名古屋市博物館
最寄駅

桜山駅

行き方

地下鉄桜通線「桜山」駅から徒歩7分