なごやの文化財

鍋屋上野町「源氏天流棒の手」

新規ウィンドウで見る

鍋屋上野町「源氏天流棒の手」
地域
千種区
時代
江戸時代幕末期
文化財の種類
無形
所在地
〒464‐0094
千種区赤坂町
最寄駅

茶屋ヶ坂駅

行き方

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅から徒歩9分

観覧料
休館日
見学
社寺の祭日
市指定年月日
昭48.10.15
所有者・管理者
鍋屋上野町源氏天流棒の手保存会

身近な道具を使って行う迫力ある演武。阿吽の呼吸で攻撃を避ける様子にハラハラドキドキ。

この棒の手は、安政年間(1854-1860)に始まった。夏祭りには村社八坂神社前にて、字別連中を編成して、西脇・東脇・北山と三組に分かれ、馬塔を仕立て五穀豊穣、家内安全を祈願して、神前でその技を競い奉納したものであり、当時は15歳以上男子強制参加の掟があった。

所在地
〒464‐0094 千種区赤坂町
最寄駅

茶屋ヶ坂駅

行き方

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅から徒歩9分