なごやの文化財

出来町天王祭の山車行事

新規ウィンドウで見る

出来町天王祭の山車行事
地域
東区
時代
江戸時代後期
文化財の種類
無形
所在地
〒461‐0049
東区古出来
最寄駅

千種駅

行き方

地下鉄東山線「千種」駅から徒歩17分

観覧料
休館日
見学
出来町天王祭(6月第1土日)
市指定年月日
昭49.11.1・平26.3.31名称変更
所有者・管理者
古出来町お祭囃子保存会

お囃子と迫力のあるかけ声とともに道を曲がる昼と夜で様変わりする山車の姿

古出来町の天王社の祭礼に曳き出す「王義之車」の中で演奏される囃子が指定されている。囃子は、道行囃子・早神楽・そそり・人形囃子・帰り囃子の五つが保存されている。このうち人形囃子は古出来町独特のもので、唐冠の大将人形の前に獅子頭をきた唐子がおり、もう一人の軍配団扇、太鼓をもった唐子の右肩へ左手をかけて逆立ちし、獅子が舞う時の囃子である。

所在地
〒461‐0049 東区古出来
最寄駅

千種駅

行き方

地下鉄東山線「千種」駅から徒歩17分