なごやの文化財

花車神明社祭の山車行事と紅葉狩車

新規ウィンドウで見る

花車神明社祭の山車行事と紅葉狩車
地域
中村区
時代
江戸時代後期【祭り:江戸時代より 山車:江戸後期[文政年間(1818~1830)]建造】
文化財の種類
無形
所在地
〒450‐0002
中村区名駅五丁目
最寄駅

国際センター駅

行き方

地下鉄桜通線「国際センター」駅から徒歩6分

観覧料
休館日
見学
神明社例大祭(10月第3土日)
市指定年月日
昭48.2.1・平26.3.31
所有者・管理者
紅葉狩車保存会

能の紅葉狩を写し、鮮やかな紅葉が秋祭りを盛り上げる

この山車は、那古野神社の天王祭に周辺の町から曳き出された山車で、文政年間(1818-1830)に作られたといわれている。山車に用いられる水引幕、大幕も製作当初のままである。人形は、能の紅葉狩を写したもので、大将維盛・鬼女・従者の三体からなっている。

所在地
〒450‐0002 中村区名駅五丁目
最寄駅

国際センター駅

行き方

地下鉄桜通線「国際センター」駅から徒歩6分