なごやの文化財

比良祭りの山車行事と湯取神子車

新規ウィンドウで見る

比良祭りの山車行事と湯取神子車
地域
西区
時代
江戸時代後期【祭り:江戸初期[明暦年間(1655~1658)]以降 山車:江戸後期[文政5年(1822)~天保2年(1831)]建造】
文化財の種類
無形
所在地
〒452‐0802
西区比良
最寄駅

比良駅

行き方

東海交通事業城北線「比良」駅から徒歩6分

観覧料
休館日
見学
10月第2日曜日
市指定年月日
昭48.2.1・平26.3.31
所有者・管理者
湯取神子車山車保存会

湯立神事のからくりとともに、青空に舞い上がる華やかな紙ふぶき

この山車は、東照宮祭に曳かれた桑名町の湯取車(現在東区筒井町)をモデルとして文政時代に作られたと推定されている。人形は大将、神子市、前人形2体で、大将は何も動作をしないが、神子市は笹を持って、湯に見立てた細かい紙切れを吹雪のように散らして、湯立神事をする。

所在地
〒452‐0802 西区比良
最寄駅
行き方

東海交通事業城北線「比良」駅から徒歩6分