なごやの文化財

戸田祭りの山車行事と白山社山車

新規ウィンドウで見る

戸田祭りの山車行事と白山社山車
地域
中川区
時代
江戸時代後期, 江戸時代幕末期【祭り:江戸中期[元禄15年(1702)(伝承)より 山車:江戸中期[寛政8年頃(1796)]建造】
文化財の種類
無形
所在地
〒454‐0962
中川区戸田
最寄駅

戸田駅

行き方

近鉄「戸田」駅から12分

観覧料
休館日
見学
10月第1土日
市指定年月日
昭53.4.27・平26.3.31
所有者・管理者
郷土芸能保存会

唐子人形が風車をまわす

山車は白木に彫刻を施した素朴な様式であるが、いかにも江戸時代の農村の雰囲気を伝えるものである。特にからくり人形は製作年代も明らかであり、その作も優れている。山車祭の起源は元禄15年(1702)と伝えられる。5年ないし10年に一度特別な豊年または国の大行事に行い、平年は提灯祭を行った。

所在地
〒454‐0962 中川区戸田
最寄駅
行き方

近鉄「戸田」駅から12分