なごやの文化財

戸田祭りの山車行事と鈴宮社山車

新規ウィンドウで見る

戸田祭りの山車行事と鈴宮社山車
地域
中川区
時代
江戸時代後期【祭り:江戸中期[元禄15年(1702)(伝承)より からくり人形:江戸中期[寛政8年頃(1796)]製作】
文化財の種類
無形
所在地
〒454‐0962
中川区戸田
最寄駅

戸田駅

行き方

近鉄「戸田」駅から12分

観覧料
休館日
見学
10月第1土日
市指定年月日
昭54.1.24・平26.3.31
所有者・管理者
戸田三之割山車保存会

からくり人形が上手に文字を書く

戸田祭は元禄15年頃より始まったという記録があり、当時の山車はきわめて小規模のものであったと思われる。その後寛政頃になり、現在の山車(一ノ割~五ノ割)が出来たと思われる。囃子に合わせて操られるからくりは、人形が文字を書く立派なものである。山車は元は白木造りであったが、伊勢湾台風の被害のあとの修理で彩色され、美麗なものとなった。

所在地
〒454‐0962 中川区戸田
最寄駅
行き方

近鉄「戸田」駅から12分