なごやの文化財

鳴海表方祭りの山車行事と唐子車

新規ウィンドウで見る

鳴海表方祭りの山車行事と唐子車
地域
緑区
時代
明治時代【祭り:江戸中頃より 山車:江戸末期建造】
文化財の種類
無形
所在地
〒458-0801
緑区鳴海町字相原町
最寄駅

鳴海駅

行き方

名鉄本線「鳴海」駅から徒歩5分

観覧料
休館日
見学
10月15日の日曜日
市指定年月日
昭60.4.23・平26.3.31
所有者・管理者
相原町山車保存会

八幡社にちなんだ鳩の彫り物も見逃さないいで。

明治11年(1878)相原村の下郷本家が子どもの誕生祝に知多郡小野浦 (原美浜町)の人から購入し、翌年からくり人形の新調と屋根等の修理をしたものである。毎年十月第三日曜日の鳴海八幡宮の祭礼日に、午前は相原町、午後は旧東海道を引き廻される。上段の屋根は、唐破風で天井は金箔で支輪等は八幡社にちなみ鳩の彫物となっている。

所在地
〒458-0801 緑区鳴海町字相原町
最寄駅
行き方

名鉄本線「鳴海」駅から徒歩5分