なごやの文化財

薬草倉

新規ウィンドウで見る

薬草倉
地域
瑞穂区
時代
江戸時代(詳細時期不明)【江戸時代】
文化財の種類
建造物
ゆかりのある人物

高橋家

所在地
〒467-0027
瑞穂区田辺通3丁目1番名古屋市立大学薬学部内
最寄駅

瑞穂区役所駅

行き方

地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅から徒歩12分

観覧料
休館日
見学
市指定年月日
昭和48.10.15
所有者・管理者
名古屋市

用途において板倉造とし、換気的工夫が珍しい遺構

薬草の倉という特殊な目的のため、板倉造りとして、床は全て開放し、また切妻には換気孔を設け、正面扉も割竹を一部に張って換気に注意している。また、室内は三方に木棚をつくって薬草類を整理、保存するようになっている。薬草庫という遺構は全国的に見ても類例の少なく、民俗資料としても貴重である。平成3年(1991)東区高橋家から移築された。

所在地
〒467-0027 瑞穂区田辺通3丁目1番名古屋市立大学薬学部内
最寄駅

瑞穂区役所駅

行き方

地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅から徒歩12分