なごやの文化財

建中寺総門・三門・鐘楼・御成門

新規ウィンドウで見る

建中寺総門・三門・鐘楼・御成門
地域
東区
時代
江戸時代初期, 江戸時代前期, 江戸時代中期
文化財の種類
建造物
ゆかりのある人物

初代尾張藩主徳川義直

第二代尾張藩主徳川光友

尾張徳川家

所在地
〒461-0003
東区筒井1-7-57
最寄駅

車道駅

行き方

地下鉄桜通線「車道」駅から徒歩11分

観覧料
休館日
見学
常時
市指定年月日
昭和60.4.23
所有者・管理者
建中寺

江戸初期の建築の基準となる優れた建築。

慶安4年(1651)二代藩主光友が藩祖義直のために建立、翌5年(1652)主要堂宇が完成し、その規模の壮麗さは当時府下寺院第一といわれた。
元禄11年(1698)以後、光友の生母を始め、光友、四代綱誠の御霊屋が次々営まれ、更に合祀のための一屋が加えられた。天明5年(1785)に火災により本堂、塔頭、御霊屋等が焼失。総門、三門、塔頭、御霊屋の一部を残すのみとなったが、天明7年(1787)に再建された。

所在地
〒461-0003 東区筒井1-7-57
最寄駅

車道駅

行き方

地下鉄桜通線「車道」駅から徒歩11分