なごやの文化財

熱田荘 附棟札1枚

新規ウィンドウで見る

熱田荘 附棟札1枚
地域
熱田区
時代
明治時代【明治29年(1896)】
文化財の種類
建造物
所在地
〒456-0043
熱田区神戸町914
最寄駅

伝馬町駅

行き方

地下鉄名城線「伝馬町」駅から徒歩9分

観覧料
休館日
見学
市指定年月日
昭和60.4.23
所有者・管理者
個人

旧七里の渡し前に建てられた料亭。近世の町屋を継承している。

明治29年(1896)上棟の旨の棟札があり、旧七里の渡しにおいて「魚半」という屋号の料亭と仕出し屋を営んでいた。昭和29年(1954)に三菱重工業の所有となり、現在は社員の厚生施設として使用されている。主屋部分は一部改造されているが、構造材は全て残されており、旧状をよくとどめている。伝統的町屋の形態を継承しており、宮の宿の近世的景観をしのばせる遺構となっている。

所在地
〒456-0043 熱田区神戸町914
最寄駅

伝馬町駅

行き方

地下鉄名城線「伝馬町」駅から徒歩9分