なごやの文化財

竹田家住宅・主屋・書院棟・茶席・宝蔵・一・二番蔵・縄蔵・付属棟3棟(西門・長屋門・味噌蔵)

新規ウィンドウで見る

竹田家住宅・主屋・書院棟・茶席・宝蔵・一・二番蔵・縄蔵・付属棟3棟(西門・長屋門・味噌蔵)
地域
緑区
時代
江戸時代後期, 明治時代, 大正時代【主屋:江戸後期~明治初期(明治中期改造) 書院棟:大正8年(1919) 茶席:明治中期 一・二番蔵:明治16(1883)】
文化財の種類
建造物
所在地
〒458-0924
緑区有松1802
最寄駅

有松駅

行き方

名鉄本線「有松」駅から徒歩6分

観覧料
休館日
見学
市指定年月日
平成7.8.22
所有者・管理者
個人

有松の景観を支える服部家、岡家、小塚家に次ぐ住宅。

現在の竹田家の建物は、明治から大正にかけて改造または新築、増築されてきたものであるが、江戸時代から近代初期にかけての絞問屋の形態および景観をよく遺すばかりでなく、とくに主屋・書院(含応接間)・茶室は建築的にも大変優れており、町並み保存地区である有松の景観を形成する重要な要素の一つとなっている。

所在地
〒458-0924 緑区有松1802
最寄駅
行き方

名鉄本線「有松」駅から徒歩6分