なごやの文化財

井元家住宅・主屋(和館)・洋館・東土蔵・西土蔵・茶席・附棟札1枚、設計図

新規ウィンドウで見る

井元家住宅・主屋(和館)・洋館・東土蔵・西土蔵・茶席・附棟札1枚、設計図
地域
東区
時代
大正時代, 昭和時代【主屋:大正15年(1926) 洋館:昭和2年(1927) 東土蔵:大正15年(1926) 西土蔵:昭和9年(1934) 茶席:昭和前期】
文化財の種類
建造物
所在地
〒461-0014
東区橦木町2丁目18番地(文化のみち橦木館)
最寄駅

高岳駅

行き方

地下鉄桜通線「高岳」駅から徒歩11分

観覧料
休館日
見学
常時
市指定年月日
平成8.4.18
所有者・管理者
名古屋市

主屋の和風建築と洋館の西洋建築の和洋併置方式住宅が特徴。

井元家住宅は大正末から昭和初期に建設されたものであり、主屋や茶席には洗練された和風の意匠と優れた職人の技が発揮されている一方、洋館の食堂、娯楽室、寝室、化粧室、バルコニー等を配し欧米の住居形式の生活施設を備え、大正から戦前にかけて日本で流行したスパニッシュ様式を取り入れるなど、名古屋地区では珍しい和様併置方式住宅である。

所在地
〒461-0014 東区橦木町2丁目18番地(文化のみち橦木館)
最寄駅

高岳駅

行き方

地下鉄桜通線「高岳」駅から徒歩11分